語学力を活かした仕事

HOME ≫ 海外営業への転職 ≫ 自分のスキルを活かして働きたいなら

自分のスキルを活かして働きたいなら

職場によってはほとんど語学力が必要ない所も

自分のスキルを活かして働きたいなら

海外営業として自分のスキルをより活かすにはどうすれば良いのでしょうか。

海外営業の仕事は勤める企業によっては業務内容が大きく異なってきます。

そのため、語学力を活かして海外営業の仕事をしたいと考えて就職した勤務先の業務内容が、語学力にはあまり関係ないものであったら期待外れになってしまいます。

こうした事態にならない為にも、まずは自分の語学力を試せるような仕事内容かどうかはしっかりと事前に確認しておくようにしたいですね

海外営業の仕事と聞いて想像するような仕事と言えば、海外へと赴いて自社の製品を売り込んで営業をしていくといったようなことがほとんどでしょう。

しかし実際の海外営業の仕事としては、海外への出張はあるものの、基本的な業務そのものは社内で行う海外の事業所のサポート活動になります。

その為、ほとんど語学力が必要ないと言った現場もあると言えるのです。

語学力を活かせる職場を選ぶ

もっと自分の語学力を活かしたいと考えるのであれば、イメージ通りの海外営業の仕事が出来るような商社や貿易会社、外資系の企業などに勤めるようにしたいですね。

語学力の目安としては日常の英会話はもちろんのこと、ビジネス英会話も問題なく話せる程度は最低限必要だと言えます。

必要であれば現地で通訳や翻訳をするようなこともあるでしょうし、海外の企業を相手に英語を使ってプレゼンをすることもあるからです。

このレベルの語学力はかなりものと言えますので、活躍の場もどんどん広がっていくでしょう。

最初は海外からのメールを受け取り、英語で返信するなどの業務でしょうが、海外出張から海外勤務へとどんどんキャリアを重ねていくようにしたいですね。