TOEIC レベル

HOME ≫ 海外営業への転職 ≫ 語学力はどのくらい必要?

語学力はどのくらい必要?

勤務する企業によってまちまち

語学力はどのくらい必要?

海外営業の仕事に必要な語学力とはどの程度のものになるのでしょうか。

基本的に海外営業の仕事と言っても勤務することになる企業によっては業務内容も変わってきます。

ほとんど外国語の能力が必要ないと言ったような場合もありますし、かなりの能力を求められることもあります

商社などであれば、日常の英会話だけではなく、ビジネス英会話なども出来ることが最低限必要と言えますね。

単純に海外の事業所とやり取りをすると言ったことであれば、メールや電話などになりますので、最低限メールの内容を読み取ることが出来る、返事を書くことが出来ると言ったような能力が必要であると言われています。

外資系の企業などであればTOEICのスコアは800点以上ないと厳しいとも言われており、かなりの語学力が求められることになります。

通訳やプレゼンテーションをする場合も

海外営業の仕事で求められるものとしては他にも現地を視察した時などには、翻訳通訳をすると言ったようなこともあるそうですし、海外の取引先を相手にして英語でプレゼンテーションをすることもあるようですね。

このくらいのレベルになってくると日常の英会話が出来ると言った程度の語学力では難しいと言えます。

ネイティブレベルとは言いませんが、最低でもビジネス英会話などもしっかりと使いこなせるようにしておきたいですね。

上でも少し触れましたが、海外営業と言ってもその企業によって様々な業務内容になりますので、英語がまったく話せないと言ったような人でも海外営業に配属されるようなこともあります。

自分の語学力を活かしたいと言うのであれば、海外営業であっても現地へと赴いてする仕事などを選ぶようにしたいですね。