海外営業の向き不向き

HOME ≫ 海外営業への転職 ≫ 海外営業に向いている人・向いていない人

海外営業に向いている人・向いていない人

違う文化の人達とも上手くコミュニケーションを取れるか

海外営業に向いている人・向いていない人

海外営業の仕事における向き、不向きとはどんなものでしょうか。

先ず基本的に海外営業ですから、海外の方と少なからず付き合いをしていくことになります。

大抵はメールや電話などのやり取りになるのでしょうが、中には現地にまで視察に行くようなこともあります。

そこで向いている人、向いていない人としては、やはり円滑にコミュニケーションを取ることが出来る能力があるかないかではないでしょうか。

海外の事業所と言っても現地で働いている方は現地の方がほとんどになりますよね。

文化、気候風土、宗教、言語、などが違う国の人とやり取りをするのですから、コミュニケーションをしっかりと取っていくことも難しいことになるでしょう。

海外営業にはタフさが必要

日本とは違って積極的に自分の意志を伝えていかないといけないこともあるでしょうし、その国独自の風習や文化に由来するようなクセのような部分にも慣れる必要があると言えます。

普段の業務と並行して、相手の国の歴史、商習慣、生活習慣なども学ぶことが重要となります。

海外へと出かけて営業をしていくような業務内容だとすれば、円滑にビジネスを進めていく為にもコミュニケーションを取る能力がないと話になりません。

仕事的に海外への出張も多くなることがありますので、海外への出張を気にしないような精神的なタフさや肉体的なタフさも必要だと言えますね。

中には海外出張がストレスになって身体を壊してしまうと言ったような方もいらっしゃるようですので、気をつけておきたいですね。

日本とはまったく違う文化や気候風土のある国へ行くのは精神的にも肉体的にも疲れてしまうと言ったような方は向いていないと言えるでしょう。