仕事内容 サポート業務

HOME ≫ 海外営業への転職 ≫ 海外営業の仕事内容

海外営業の仕事内容

会社によって仕事内容は異なる

海外営業の仕事内容

海外営業として転職を目指す方も多いのではないでしょうか。

様々な情報、統計から考えて日本経済が縮小するのは避けられない状況の中、活路を海外へ求めて打って出ようというメーカー、企業は増加しています。

中小企業であっても、その業界で優れた技術、製品を持って海外展開を考えている企業は多いです。

海外営業として経験を積むのであれば、そういった中小企業へ転職する事でより多くの経験を積むことが出来、鍛えられるでしょう。

未経験から転職する方にとってはまだよく分からない部分もあるでしょう。

海外営業の仕事とはどんな仕事になるのでしょうか。

一口に海外営業と言っても、会社によってその仕事の内容は大きく変わってくると言えます。

扱っている商品、持っている技術力などによって仕事内容や展開の仕方も異なります。

海外営業と聞くと、華やかな世界のように考える人もいるかもしれません。

しかし、会社によってはとても地味な仕事になると言うようなこともあるようです。

面接の場面にあっては、例えば未経験からの中途採用を目指すのであれば、語学能力よりもタフさをアピールした方が採用されやすいという話もあります。

日本とは違う海外の環境の中で営業を行うのですから、相手の文化、生活習慣を理解し、交渉の仕方も学んでいく必要があります。

多くは海外事務所のサポート業務

海外営業の仕事は多くの場合どんなものかと言いますと、自分の会社とその製品を海外で取り扱っている海外事務所のサポート役になると言った形です。

例えば、Aと言う会社の海外営業をしているとしましょう。

A社の海外事務所であるインドネシア支店、上海支店などと連絡を取って、海外の事務所で働いている方々がどのように営業活動をしていくのかといったことをサポートしていく仕事になることが多いようですね。

その為に自社の製品を海外に持って行き、海外の企業の営業をすると言ったようなことはあまりないようです

商社などであればそのような仕事が回ってくることもあるそうですが、一般的な海外営業の仕事は上でも触れたようにサポート役に徹した仕事になることもあります。

ただ出張などで海外に出向くようなこともありますし、新規で大きな企業などと契約を結ぶ時などは現地に出向いて視察などをすることもあると言われています。

海外営業の仕事となりますと、どうしても日本以外の国を相手に営業をかけていくといったことを想像する方も多いでしょう。

海外営業職としてやりたい仕事内容があると思います。

入社してから、想像していたような業務内容と違う!と言うことがないように、求人に掲載されている仕事内容をしっかりと確認した上で、応募をするようにしてください

場合によっては、人材紹介会社を介して仕事内容を確認しても良いでしょう。